2008年10月19日

乳がんの種類

乳がんには、大きく分けると非浸潤乳がんと浸潤乳がんに分類できます。なお非浸潤がんは、非浸潤性乳管がん・非浸潤性小葉がん、浸潤がんは、浸潤性乳管がん・浸潤性小葉がんなどに分かれます。
非浸潤乳がんは、がんが乳管や少葉の中に限られ、周囲の血管やリンパ管などに広がっていない早期のがんです。非浸潤がんは、乳がん全体の約10パーセントで、転移がなく手術によって100%近く治ると言われています。その為非浸潤乳がんは、治療によって治る可能性や生存率が高い乳がんです。
浸潤乳がんは、乳管の中で増加したがん細胞が周囲の組織などに広がって行くがんです。浸潤乳がんは、乳がん全体の約90%で、全身に微小転移している可能性が高いと言われています。日本では、浸潤性乳管がんが圧倒的に多いそうです。なお乳がんが転移する部位は、肺が最も多く、骨・皮膚・胸壁・肝臓・脳へと続きます。
posted by qqqk at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンクリボン運動

ピンクリボン運動は、乳がん啓発運動のシンボルマークで、乳がんの早期発見や治療の大切さを伝える運動です。なおピンクリボンは、乳がんで娘を失った母親が孫達と一緒に乳がんの早期発見や治療を願ってピンクリボンを手渡したというアメリカでの出来事に由来しています。なお日本では、NPO法人J.POSHが「日本乳がん ピンクリボン運動」を行っています。そしてピンクリボンフェスティバルは、2003年から始められました。
posted by qqqk at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピンクリボン運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳がんのメカニズム

乳がんのメカニズムは、乳房が母乳を作るためのメカニズムに起因しています。乳腺細胞は、月経周期により分泌される女性ホルモンであるエストロゲンにより、授乳期以外でも分裂と増殖を繰り返していました。その為乳腺細胞で遺伝子のコピーミスによって乳がん細胞が生まれた場合、エストロゲンの働きによって乳がん細胞が増殖する可能性があるのです。その後乳管の中で増殖したがん細胞は、やがて乳管を破って周辺の組織に広がり、周囲にある繊維とともに増殖して硬いしこりになる場合があります。
なおエストロゲンは、がん細胞増殖の手助けをしています。乳がんの6〜7割は、エストロゲンが増殖因子として関係していると言われています。但しエストロゲンが全く関係していない乳がんもあります。
posted by qqqk at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳がんの発生部位

乳がんのできやすい部位は次のようになるそうです。乳がんのしこりを自身でチェックする場合の参考にしましょう。胸の内側より、胸の外側の方が乳がんができやすいようです。
外上部・・・50%
内上部・・・20%
外下部・・・10%
内下部・・・5%
乳輪部・・・5%
複数の部分・・・10%
posted by qqqk at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。