2008年10月19日

魚(魚介類)で乳がん予防

日本の調査によると毎日魚(魚介類)を食べる人は、1週間に1〜2回しか魚(魚介類)を食べない人より4割乳がんの発症が減るという報告があるそうです。日本では食生活の欧米化に伴い、魚(魚介類)の摂取量が減るのに反比例するように乳がんは増加しているようです。なお魚(魚介類)の摂取は、脳卒中、特に脳梗塞の予防効果もあると言われています。乳がん予防の為に1日1品以上の魚(魚介類)を食べるようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。