2008年10月19日

乳がんの種類

乳がんには、大きく分けると非浸潤乳がんと浸潤乳がんに分類できます。なお非浸潤がんは、非浸潤性乳管がん・非浸潤性小葉がん、浸潤がんは、浸潤性乳管がん・浸潤性小葉がんなどに分かれます。
非浸潤乳がんは、がんが乳管や少葉の中に限られ、周囲の血管やリンパ管などに広がっていない早期のがんです。非浸潤がんは、乳がん全体の約10パーセントで、転移がなく手術によって100%近く治ると言われています。その為非浸潤乳がんは、治療によって治る可能性や生存率が高い乳がんです。
浸潤乳がんは、乳管の中で増加したがん細胞が周囲の組織などに広がって行くがんです。浸潤乳がんは、乳がん全体の約90%で、全身に微小転移している可能性が高いと言われています。日本では、浸潤性乳管がんが圧倒的に多いそうです。なお乳がんが転移する部位は、肺が最も多く、骨・皮膚・胸壁・肝臓・脳へと続きます。
posted by qqqk at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳がんのメカニズム

乳がんのメカニズムは、乳房が母乳を作るためのメカニズムに起因しています。乳腺細胞は、月経周期により分泌される女性ホルモンであるエストロゲンにより、授乳期以外でも分裂と増殖を繰り返していました。その為乳腺細胞で遺伝子のコピーミスによって乳がん細胞が生まれた場合、エストロゲンの働きによって乳がん細胞が増殖する可能性があるのです。その後乳管の中で増殖したがん細胞は、やがて乳管を破って周辺の組織に広がり、周囲にある繊維とともに増殖して硬いしこりになる場合があります。
なおエストロゲンは、がん細胞増殖の手助けをしています。乳がんの6〜7割は、エストロゲンが増殖因子として関係していると言われています。但しエストロゲンが全く関係していない乳がんもあります。
posted by qqqk at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳がんの発生部位

乳がんのできやすい部位は次のようになるそうです。乳がんのしこりを自身でチェックする場合の参考にしましょう。胸の内側より、胸の外側の方が乳がんができやすいようです。
外上部・・・50%
内上部・・・20%
外下部・・・10%
内下部・・・5%
乳輪部・・・5%
複数の部分・・・10%
posted by qqqk at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳房の構造

乳房は、乳腺と脂肪からできています。乳房には、乳腺が15〜20ほどあり、乳頭を中心にして放射線状に乳房内に広がっています。そして広がった乳腺は、さらに枝分かれし、その枝の先には小葉と言われるぶどうの房のようなものがいくつも付いています。小葉は、乳腺の細胞が集まったもので、その中の腺房から母乳は作られています。なお小葉で作られた母乳は、乳管を遡って乳頭からでます。
posted by qqqk at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳がんと遺伝

乳がんには、家族性乳がんと言われる遺伝に深く関係している乳がんがあります。その為乳がんのリスク要因に「家系に乳がん患者がいる」が掲げられています。乳がんの原因にとなる遺伝子は、2つ見つかっており、BRCA1とBRCA2があります。この遺伝子を持つ場合には、若い頃から乳がんを発症しやすい、両乳房にがんができやすい、卵巣がんのリスクが高いそうです。なお乳がんの内、7〜10%の乳がんが遺伝子に関係していると言われています。
家系に乳がん患者が方は、予防を心掛け、検診も積極的に受けましょう。
posted by qqqk at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性ホルモン

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、バランスをとりながら分泌されています。
エストロゲン(卵胞ホルモン)は、卵巣でつくられ、卵胞ホルモンとも言われます。エストロゲンには、子宮で受精卵を受け入れる準備をしたり、女性らしい体型を作ったり、肌の新陳代謝を促進する働きがあります。
プロゲステロン(黄体ホルモン)は、腎臓や卵巣でつくられ、黄体ホルモンとも言われます。プロゲステロンには、エストロゲンの働きをサポートし、月経周期の維持や出産準備の機能を整える働きがあります。
なお女性ホルモンの分泌は、20〜30代がピークで、その後は年齢とともに減少し、50歳を過ぎる頃からは急激に減少します。
posted by qqqk at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デザイナーフーズ・プログラム デザイナーフーズ・プログラム

アメリカ国立ガン研究所は、「デザイナーフーズ・プログラム」という5年計画のプロジェクトを発足させました。野菜や果物などの植物中に存在する成分の科学的分析と評価、発がん抑制機構の解明、発ガン抑制が期待される食品の開発を目指したプロジェクトです。プロジェクトの中でガン予防の可能性のある食品がピラミッド型の表にリストアップされました。これがデザイナーフーズ・リストです。1群が一番がん予防に効果が期待される食品です。2群、3群がそれに続きます。
【1群】
ガーリック(ニンニク)・キャベツ・甘草(カンゾウ)・大豆・ショウガ・セリ科の植物(ニンジン・セロリ・パースニップなど)
【2群】
玉ねぎ・お茶・ウコン(ターメリック)・全粒小麦・亜麻(アマ)・玄米・柑橘類(オレンジ・レモン・グレープフルーツなど)・ナス科の植物(トマト・ナス・ピーマンなど)・アブラナ科の植物(ブロッコリー・カリフラワー・芽キャベツなど)
【3群】
マスクメロン・バジル・タラゴン(エストラゴン)・カラス麦・ハッカ(ミント)・オレガノ・キュウリ・タイム・アサツキ・ローズマリー・セージ・ジャガイモ・大麦・ベリー(ブルーベリー・ラズベリー・クランベリーなど)
posted by qqqk at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん予防14か条

米国ガン研究協会と世界ガン研究の共同研究による報告書に記載された「がんにならないための国際的ガイドライン」
第1条
植物を主体とし、栄養が十分あり、多種類にわたる食物を食べる。
豊富な種類の栄養豊かな野菜・果物・豆類、そして最低限にしか加工されていない澱粉質の主食を選ぶ。
第2条
成人の場合、体重が5キロ以上増えたり、減ったりしないように保つこと。BMIは、18.5〜25.0の間で維持すること。
BMI(Body Mass Index)は、体重(キログラム)を身長(メートル)の二乗で割った肥満度をあらわす指標です。例えば身長が1.60メートル、体重が50キロの場合、BMIは19.5となります。
50÷(1.60×1.60)=19.5
第3条
体の活動の維持、生涯を通じて活動的な生活を送ること。
活発な運動を含み、身体活動レベル(PAL、PhysicalActivity Level)を1.75以上に保つこと。(PALは身体を動かすことに使われるカロリーと基礎代謝量との比率)仕事で体をあまり動かさない場合、毎日きびきびと1時間歩くか同等の運動をし、少なくとも1週間に1時間は精力的な運動をすること。
第4条
1年を通じ、種類豊かな野菜と果物を食べること。
総エネルギーの7%以上を果物と野菜から取るようにする。毎日5皿(サービング、もしくはポーションともいう)以上の野菜と果物を食べること。1皿は、文字通り1皿と見えるくらいの量であるが、その量は個人の体格により異なる。生のものは1カップ、加熱したものは0.5カップが1皿の目安となる。
第5条
バラエティ豊かなでんぷん質食品や植物性のたんぱく質を食べること。
最低限の加工(あまり精製されていないもの)が望ましい。総エネルギー量の45〜60%を取る。精製された砂糖からのエネルギーは全体の10%以下にすること。7皿以上の穀物・豆類・根菜・塊根(ジャガイモなど)・バナナなどを食べること。
第6条
アルコール飲酒は勧められない。
もし飲むならば、男性は1日に2杯以下、女性は1杯以下まで。男性は総エネルギーの5.0%、女性は総エネルギーの2.5%に当たる。
第7条
肉類(赤身のもの、牛肉や豚肉など)を食べる場合、1日に80グラム以下にする。
赤身の肉類のかわりに魚・鳥肉、または野生の動物の肉が好ましい。
第8条
脂肪と油は、総エネルギーの10%以下に抑えること。
特に動物性の脂肪を控えること。適正な植物油を控えめに使うこと。
第9条
塩分を控えること。
塩漬けの食べ物を制限する。塩での味付けも控えること。1日の摂取量は、6グラム以下が好ましい。塩のかわりにハーブやスパイスで味付けをする。
第10条
腐敗しやすい食べ物の保存には十分気をつけること。腐敗しているものは食べないこと。
長く大気中に保存し、マイコトキシンにより腐敗している可能性がある食べ物は食べないこと。
第11条
腐敗しやすい食べ物は、すぐ食べないのであれば冷蔵または冷凍で保存すること。
第12条
食品添加物や残留物ならびに化学物質による汚染に対する安全基準をもうけ、守られるようチェックする。
この基準が正しく守られていれば有害ではないが、不適切に用いられたり、もし規則通りに用いられなかった場合は、有害となるおそれもある。特に経済上の発展途上国において言える。
第13条
魚、もしくは肉類を食べる場合には、低めの温度で料理する。
こげたものは食べず、肉類や魚を食べる場合は、肉汁を燃やすことは避ける。直火で焼いたり、燻製または塩づけの肉類や魚は時々食べる程度に控える。
第14条
以上の項目に従った食生活をしていれば、栄養補助食品は必要ではなく、ガンのリスクを減少させるための役にはたたないと思われる。
posted by qqqk at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。