2008年10月18日

乳がんのリスク要因

乳がんのリスク要因は、次の通りです。多くは女性ホルモンであるエストロゲンを長期、そして過剰状態を反映している。
妊娠・出産歴がない。
高齢出産である。(30歳以上)
30歳以上で未婚である。
母乳を与えない。
初経年齢(月経が始まった年齢)が低い。(10歳以下)
閉経年齢が高い。(55歳以降)
月経周期が短い。
ホルモン療法(エストロゲン製剤、ピル等)を受けている。
肥満である。(標準体重の+20%以上)
良性の乳腺疾患になったことがある。
過去に乳がんになったことがある。
家系に乳がん患者がいる。
身長が高い。
高学歴である。
posted by qqqk at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がんのリスク要因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。